LOGO

婚活応援ブログ

Marriage Activity Support Blog

2016.11.10

婚活情報

結婚相手選びは、顔なのか性格どちらで判断する

コンプレックスを持っている人は、少なくありません。

コンプレックスの多くは顔や体です。

一番は顔ですね。
声や背の高さもあります。

「不器用ですので」このようなことも、コンプレックスになることもあります。
不器用な人は、映画では味わいのある役です。

国際美容外科学会が発表したランキングで、美容整形が人気の国

、整形大国は次期大統領のトランプ氏のアメリカです。
二番目がブラジルで、続いて日本が三番目、韓国は4番目です。

あなたは、整形していますか?

整形するとしたら、どこをするのでしょう。

目を大きくするために、二重瞼にすることを希望する人が多いのでしょう。

なぜ整形するのかを、街で20歳代の男性にインタビューをしていた番組かありました。

目が小さく見えるから、片方が一重だからと言うように二重瞼にしたい人が多かったです。

アゴを細くしたいと言う男性もいました。
アゴの形を変えるのは、女性に多い希望です。

整形はしたくないと言った男性も、少なくありませんでした。

前から言われているように、親からいただいた体に傷をつけたくない。

今の自分自身のままで、この顔、体で勝負したい。

整形して失敗することや、思っていた顔にならないかもしれない。

いつかは整形したところも、崩れてくると思うから。

このようにまだ整形には、慎重な男性も多かったです。

              
友達などの整形には、自分がいいと思っているなら、すればいいのでは。

目ぐらいならいいのでは。

整形するのは、本人の勝手などの意見でした。

整形をしたいという人は、どのような考えでするのでしょうか。

コンプレックスを感じているから。

自分に自信がないから。

もっと綺麗になりたいから。

芸能界等で、人の注目を得たいから。

お付き合いをしていた人にフラれた見返しに。

もしかして、理想の人と出会いたいからという人も、いるかもしれません。

「あの顔は絶対整形しているよ」

あまりにも、綺麗な顔や整った体の女性や、顔立ちが綺麗と言われる男性も、整形しているのではないかと、疑われることもあります。

整形が進んでいる国3位の日本では、整形されている人が多くなってきています。

美容整形外科の宣伝も、目立つようになってきています。

結婚相手の条件として整形していない人を選ぶのが、難しくなる時代なってくるのも現実です。

番組でも、髪の毛を染めだした時代には、髪の毛を染めた人はよく思われていませんでしたが、それが今では多くの人が髪の毛を染めておりますので、当たり前のこととして感じなくなっています。

整形は表だって分かりません。
言われて初めて、「そうなんだ。綺麗だと思った」、「ちょっと不自然かな」と、気がつくことになります。

整形美人や整形美男子の子どもは、どんな美形になるのでしょう。

整形をしていることを、結婚相談所の婚活で申告する必要があるのかも、賛否があることと思います。

結婚相手としての条件に、美容整形がどの程度の重要性になるのか、話し合う時期も近いでしょう。

あなたは整形をどれくらい重要視しますか?

顔で選ぶことが、困難な時代になるのも、近い将来には現実になるでしょう。

遊び相手としては、美人や美男子が良いけれど、結婚相手は顔じゃなく、お人柄ですとは、昔から良いことを言っていましたね。

お人柄がよい人
優しい人
明るい人
よく気がつく人
など、内面的な良さを持つ人は、自分自身に自信を持って、結婚相手を探してください。

綺麗な人を美容整形だと疑う時代になるよりは、お人柄で選ぶことがいいですね。

役立つ婚活メソッド記事

1.婚活中に他の人と比較されて「保険」と判断される人とは

2.独身男女の婚活の優先順位は仕事の責任が重くなる前に考える

3.次のデートの約束ができる可能性の高い話題と話し方

4.結婚相手や交際相手と会っても好きになれない気持ちの理由

5.婚活でも数多くのネット情報の中から有益な出逢いを選択

6.交際やお見合いで振られた時の心のリセット

7.日常生活が変わるかも、婚活されている人の休日の過ごし方

8.結婚相手としての条件で譲れないことは外見か価値観か

9.結婚相手は自身と釣り合う人または理想条件の人どちらが良い

10.プロポーズをして二人が結婚を約束した後は何をしたらいいの

お気軽にご相談ください

03-6457-4751

相談受付時間 / 11:00-19:00

定休日 / 年末年始、毎週水曜日