お知らせ一覧 > カテゴリ一覧 > 結婚相談所サービス

IBJやBIUなど連盟に加盟している結婚相談所のルールでは、プロポーズ以外でも交際期間を延長し通算6ヵ月を経過した場合(交際期間は原則3ヵ月)という成婚定義があります。

つまり交際には期限があるので半年以上の長期交際が出来ません。

理由は、子供を望む人も多いので年齢を重ねる中でチャンスを逃してしまう可能性もあるからです。

プロポーズまで決断出来ない交際は、期限内にお断りしなくてはいけません。

そうは言っても交際終了の決め手がなく長引いてしまうことはあります。

では交際期限内に決断するにはどうしたら良いのか?

そこで今回は、交際の期限切れを防ぐ方法についてお話させて頂きます。

 

☆彡併せて読みたいブログ記事☆彡

IBJのお見合い緊急連絡ツールを使って好印象を勝ち取る方法

期間よりも会えている回数を気にする

よくご質問で多いのが、何か月付き合ったら二人の仲が深まりますか?

というお話を頂くことがあります。

実は、交際は付き合った期間ではなく会う回数が二人の仲を深めるポイントになります。

1ヵ月間で4~5回会えていれば、会う回数に応じて一緒に過ごす時間も長くなるので腹を割った深い話も出来ていきます。

ただ3ヵ月交際しても2~3回しか会えていなければ、距離間もありお互い深い話までは出来ていません。

他愛のない会話だけで距離間のある交際を続けていることになります。

つまり会えていない交際が続けば、将来のことなど深い話も出来ないので進展させるか断るかの決断も出来ないのです。

結局は、そんなに会えていないのに交際期限がきてしまう結果となります。

交際期限までに決断する解決策としては、1ヵ月に2~3回以上会えない人は交際お断りするなど決めておくことが大切です。

3回目以降のデートでは結婚観の話をする

お相手が交際をしている中で結婚への気持ちが前向きでない場合は、結婚観の話は避ける傾向にあります。

つまりキープされている状態で比較されている。

また好意があるかどうか分からない状態で交際を続けているなど。

ただご自身との結婚への気持ちが前向きでないお相手と交際を続けていても意味がありません。

いつか振り向いてくれるかもと交際を継続しても他愛もない話で結婚観の話にはなりません。

気がついた時には、普通にデートを楽しんでいるだけで結婚観の話が出来ず交際期限が来てしまったなんてケースもあります。

その為、3回目以降になったら結婚観の話に触れようとしてみてください。

そこで誠実に対応してくれる人なら交際継続まだ4~5回会っても結婚観の話をしてくれないなど煮え切れないようでしたら交際終了など決めておくことが大切です。