お知らせ一覧 > カテゴリ一覧 > 婚活情報

プロポーズは、結婚の約束です。
プロポーズする人も受ける人も、幸せな記念日になります。

プロポーズを受ける女性は、サプライズで素敵な瞬間を期待します。
プロポーズをする男性は、伝えるタイミングを考えています。

プロポーズは、お付き合いで一番幸せな時ですので、一生の記念日となります。
また、プロポーズする男性も受ける女性も、共に責任ある瞬間になります。

でも、プロポーズする男性はサプライズが苦手です。
男性は、照れくさいことをしたくはありません。
 

女性は、しっかりと伝えて頂きたいと思っています。
それも素敵な告白をして欲しいと思っています。

そのような思いに反して、男性と女性にプロポーズの思いが違う調査がありました。

なんとなくプロポーズした男性で、後悔していない人は77.8%でした。

なんとなくプロポーズされた女性は、しっかり準備したプロポーズをされたかった人は77.4%でした。

このように男性は、恥ずかしいということからか、サプライズで女性の心に残るようなプロポーズは出来ていません。

それに対して女性は、プロポーズの言い方や演出をしっかりして、男性の気持ちを伝えて欲しいと思っている人が多いです。

     

弊社の女性会員さんも、成婚退会されるときにはまだプロポーズを受けていないと、言われた人もいらっしゃいます。
 

プロポーズをする前にお互いの親に挨拶に行くときには、結婚を前提でお付き合いをさせていたできことを言うことになります。

この時点では、お互いが結婚の約束をしておりませんので、お互いの親には「結婚させてください」とは言えません。

 

もし、女性の親に結婚させてくださいと言えば、親は娘の承諾が先でしょうと言われます。

プロポーズをされないで親にご挨拶に行かれたら、プロポーズをされた後にもう一度親に挨拶に行くことになりますので、プロポーズをされてから親に挨拶することが良いです。

 

男性はプロポーズを準備してサプライズでしないと、一生女性に言われますので、後悔しないようにしてください。

 

弊社では、プロポーズの仕方や場所やサプライズをお手伝いさせていただきます。

想い出に残る結婚の告白をしましょう。