LOGO

婚活応援ブログ

Marriage Activity Support Blog

2015.07.21

婚活情報

お相手選びの基準の1つ

今や働く女性が増えましたので、昭和までの時代と違って夫が妻を養うことではなくなりました。

男女共同参画の現代では、男性も女性も平等社会です。

男女平等ということは、今までの概念でした家事は女性、働き稼ぐのは男性という役割分担ではなく、夫婦が共に生活をするために協力し合うことになります。

会社では、旧姓使用が認められているように、昔のように女性が男性の家に嫁ぐということではありません。
お互いが価値観を共有して、尊重することですので、どちらが上とか下とか、偉いとかということではなくて、お互いを認めあって、妻の仕事、夫の仕事という役割分担をすることなく、家事でも育児でも出来ることは協力して行なう時代になりました。

年を取れば妻が偉くなりますが…。

夫の転勤に妻が仕事を辞めてついていく、時代でもなくなったということですね。

働く女性が多くなり、企業でも給料や役職など、処遇も男女を分け隔てすることも少なくなりました。

結婚しても仕事を続けていたい女性も多くなりましたので、結婚相手の住む場所は気になります。
                
結婚したら通勤出来るかどうかも、重要な選択肢です。

もし、結婚したらお互いの職場の中間地点に住み替えてもらえるのかも、女性の結婚の希望条件となります。

男性は、働く女性の思いを受け入れることが出来るかということも、結婚していただける条件として、考える必要があります。

選ばれる男性になることも必要です。

選ばれるのは男性だけではなく、女性も選ばれることが重要なことです。

住む場所も、お互いが働きやすい交通アクセスなのかも考えて、新居を選ぶことも大切になります。

女性がお相手を選ぶ条件として、男性の住む地域も重要なことですので、男性の自己PRなどにも住む場所も今のところにはこだわらないなど、女性の働きにも理解する姿勢が必要になってきておりますので、アピールすることが必要な時代になっております。

今住まわれているところが、男性にとって住み慣れている地域でも、女性にとっては違います。

お互いが住み慣れる地域を新たにつくることも、新生活のスタートとして良いですよね。

あなたにとって、いい結婚のお相手を逃さないためにも。

お気軽にご相談ください

03-6457-4751

相談受付時間 / 11:00-19:00

定休日 / 年末年始、毎週水曜日