お知らせ一覧 > カテゴリ一覧 > 結婚相談所サービス

お仕事休憩中のお茶の間で、独身女性先輩30歳後半の人との質問のやり取りのお話です。

「今お付き合いしている人がいるのと聞かれたので、いませんと答えたら、そうなんだとにっこりしながら、次に彼氏もいそうもないもう一人の子に、彼氏いるのと聞いて、その子がいますと答えたら、あらそうなのと驚いた顔をして、その場がしら~としちゃいました」

このようなお話を20歳後半の女性3人が、電車の中で大きな声で笑いながら話をしていました。

会社の休憩室でのお茶の間の会話によくある話です。
女性同士や男性同士の会話は、異性のことや嫌な上司等の話が多いですよね。

結婚話を壊すのは、お友達も多いです。
嫉妬や親友を取られることに対して、お相手を良く言わないことがあります。

「ダメダメ、そういう人は絶対に浮気するから止めといた方がいいよ、嘘じゃないからね」

「そんな給料じゃ生活は出来ないよ。もっとマシなのいるから止めといた方がいいよ」

「あなたがいいならいいけど、そんな男は私だったら結婚しないね」
このような根拠もないお友達からのダメ出しはよくある聞しです。

                                                   

「私は人を見る目がないから、お友達の言うことは信用してしまいます」

本当に親身になっていただける友達のアドバイスは、参考に出来ると思います。
自分が結婚するお相手ですので、最終的に決めるのは自分自身です。
やはり、お友達にはお相手のことは良く言っていただきたいですね。

お友達でも結婚されている人からアドバイスをいただける人もおります。
このアドバイスには、二つのパターンがあります。

一つは、結婚しているお友達の家庭がうまくいっていない人からのアドバイスです。
「ダメダメ、そんな人は家のことを何にもしないから、何のために結婚したのか分からなくなるよ。苦労するだけだから止めときな」
お友達の家庭を例にあげて、お相手のタイプが旦那様に似ているところから言われる考え方です。
自分の家庭がうまくいっていない時には、お友達には幸せになってもらいたくはありません。
嫉妬からこのように言われることもあります。

もう一つは、幸せな家庭を築き上げているお友達です。
「結婚はいいよ、旦那様も家事をしてくれるし、何かあった時には頼りになるから、早く結婚した方がいいよ」
このようなうらやましい家庭を想像させていただけるお友達もいらっしゃいます。
結婚を迷っていても、強く背中を押していただけます。

          

結婚相談所にご入会される人の多くは、お友達にも内緒で活動されております。

お友達から結婚式の案内状が届いたときに、お付き合いをしていたなんて知らなかったと思われる人も少なくありません。

友達に彼氏や彼女のことを言いたがるのは20歳前半迄で、それ以上の年の人は別れた時の噂話や、交際状況を興味本意で聞かれることが嫌で、話さない人が多くなります。

結婚はしたいけれど、自分には結婚相手がいないときに、お友達が交際していることを聞くとショックもあります。

お友達に交際相手のことを初めて伝えた時のお友達の言葉と態度で、「良かったね」と思われているいるか、「妬まれて」しまったのかは分かります。

独身のお友達や結婚生活がうまくいっていない人には、婚活のことを相談しますと良いアドバイスがいただけないこともありますので、ご相談は慎重にしてください。

お友達で幸せな家庭を築かれている人に、幸せのお裾分けをいただきましょう。


☆お見合いや交際についてのアクセスが多い注目記事☆

1.1~2回会っただけで交際終了はなぜなの?

2.お友達では結婚を決められませんので短期でお相手を見極める

3.お見合い申請を積極的にする二つのタイプの違いと交際の方法

4.デート日程調整は、近い日程で必ず会うように心掛ける

5.長時間のお見合いこれって気に入られていることなの?

6.結婚相談所の仮交際と真剣交際の違いと進展時期について

7.楽しく交際できて次に繋がるデートをする話題とNGの話

8.お付き合いから交際終了へ

9.婚活のお見合いで、役に立つホテルラウンジの情報

10.お見合い後の初デートで日程調整中に気持ちが冷める時