お知らせ一覧 > カテゴリ一覧 > 婚活情報

結婚相手への理想は、高い人も条件の多い人もいらっしゃいます。

「優しい人」や「明るい人」という性格を好む人は、男性も女性も結婚相手の条件としては多いです。
これは、内面的な性格ですので、努力次第では優しくも、明るく変わることもできます。

「文句を言われるのが嫌い」
このように言われる人もいます。
これは、お相手への注文ですので、自分の理想を押しつけることになります。
このような人は、自分ではお相手の気に入らないことを文句を言いますが、自分に文句を言われることが嫌いなわがままな人が多いです。

お互い気に入らないこともありますので、どうしても気になることがありましたら、優しく直していただけるように言うことが良いです。

「髪の長い人が好きなので、髪を伸ばしてくれない?」
女性が男性に言われたことは少ないですが、男性は髪の毛が長い女性を好む人が少なくありません。

シャンプーやリンス等の宣伝にも、髪の毛の長い女性が、光沢の有る長い髪をなびかせる映像があるように、女性らしさの象徴の一つとして男性も思われているのでしょう。
でも、女性にとっては髪の毛の手入れは大変で、髪質のこともありますので強要されても出来ない人もいます。

         

「そのダサい服、なんとかならないの!
私と一緒にいるには似合わない」
外見的な見た目を気にする人は、自分の好みの人、理想の人にするために容姿を自分の好みするために押しつけることもあります。

確かに、洋服を変えるだけで良くなる人が多いです。
デートしている男女の服装のアンバランスを見かけることがあります。

女性はおめかしをしているのに、男性はコッパンにスニーカーといったいかにも、女性が一緒に歩きたくなさそうで、嫌やそうな顔をしている姿を見かけます。

婚活デートでも、そのようなことを言われる女性も少なくありません。

男性に女性が自分の服装に合っていないから、恥ずかしくないような服装にしてと言われますと、男性のプライドが傷つくことになりますので、不機嫌になることが多いです。
男性のTPOが出来ていないといけませんね。

「お話をちゃんと聞いていただけない人」と「お話が長い人」
お話を聞いていただけるからといって、一方的に話すことは嫌がられます。
おしゃべりな人になってしまいます。

話をしているのに終わらないうちから話を被せてくる人は、ちゃんとお相手の話を聞いていただいていないです。
お相手の結論は、お話の最後に言うことが多いですので、焦らずに聞くことです。

話が止まらずに長くなる人がいらっしゃいます。
お相手は、うなずいて聞く一方ですが、殆んど聞いていだいていないです。

このような人は、愚痴や人の悪口など、ネガティブな話が多いです。
話を聞いていただいているようですが、お相手の本心は嫌気をさしています。

お話を聞いていただける人が理想という人も、ご自分ではお相手の愚痴やネガティブなことを聞けるのでしょうか。

愚痴やネガティブなことを言われますと、聞かされた人はお相手の印象は悪く見られてしまいます。

婚活は、自分磨きの活動でもありますので、笑顔で明るく振る舞って、印象が良くなるようにしましょう。