LOGO

婚活応援ブログ

Marriage Activity Support Blog

2016.04.30

婚活情報

この数年、お誕生日を祝ってもらってない

一年に1歳は年をとります。
誰でもです。

うるう年生まれの人は、4年に1歳と言う人もいますが、必ず毎年、年はとります。

子どものころは家族で誕生日を祝っていたと思いますが、大人になりますと、お付き合いをしている人から、誕生日プレゼントを頂くことや、一緒に食事をして、お誕生日のお祝いをして頂いていることと思います。

最近は、誕生日を祝って頂いたことが無いと言われる人が多くなってきました。

異性とのお付き合いが、面倒だという人もいらっしゃるようになりました。

SNSでは、お友達から誕生日メッセージを頂いて、文字と絵、写真のメールを受け取ることがありますが、お友達同士で義務的にされている人もいらっしゃいます。

自分のお誕生日にメッセージを多くの人から頂きたいから、あまりよく知らない人にも、お祝いメッセージを送る人もいらっしゃいます。

お誕生日が、会社の人には分からないようにしている人もおります。

「誕生日なのにお祝いしてくれる人がいないのか。」

「今夜は誰と誕生日のお祝いをするの?」

「何をプレゼントしていただいたの?」

余計な詮索をされます。
その都度、説明するのは面倒です。

もし、会社の人に分かってしまったら、今夜はお誕生日のお祝いをしていただくので、残業は出来ません宣言をする人もいらっしゃいます。

でも、家に帰って一人で寂しくお祝いです。

やはり、見栄は張りたいですね。

そういう時には、割りきって、「今日は誰もお誕生日のお祝いをして頂けないので、帰りにお祝いしてください。」と、上司や先輩に言ってしまうこともいいですね。

一人で寂しくお祝いしなくてすみますから、寂しい気持ちも紛れます。

ご自分の身の回りや部屋などに、以前のお誕生日のときに、別れた彼氏や彼女から頂いた誕生日プレゼントが、どこかにありませんか?

そんな想い出を感じながら、寂しく一人でお祝いされるのも、味わい深くていいかもしれませんね。

でも、2年も一人での誕生日が続いているようでしたら、この先も今の状況は変わらないでしょう。

このまま生涯独身でしたら、このような状況は一生です。

悲しくありませんか?

周りの友達などは、彼氏や彼女からプレゼントを頂いて、食事をしながら楽しくお誕生日を過ごしています。

将来も、奥さまや旦那さまと一緒にお誕生日のお祝いをされます。

お子さんを授かれば、お子さんからもお祝いされることも、お孫さんがいらっしゃるようになれば、家族でお誕生日のお祝いです。

子どもの頃に家族でお誕生日をお祝いされたことが、将来には同じようなお祝いが出来ることになります。

今度のお誕生日には、婚活をして結婚相手となる人と一緒に、お誕生日を過ごしてみませんか?

これからの人生も変えられますよ。

お気軽にご相談ください

03-6457-4751

相談受付時間 / 11:00-19:00

定休日 / 年末年始、毎週水曜日