40歳になってから結婚できる確率は10%未満と言われていますが、これは婚活をしているがこのパーセントを上げているから10%未満になります。
婚活で結婚した人を除けば、もっと低い率になるでしょう。

結婚を諦めてしまう人が多いということでしょう。

テレビの街頭インタビューでも、30歳代や40歳代の独身者に結婚についてのインタビューがされますと、結婚を諦めている人が少なくありません。

なぜ結婚を諦めなくてはならないのでしょう。

20歳代にお付き合いをしていて別れてしまった人が、結婚を諦めるケースも少なくないようです。

普段の生活からの出会いから交際になった人からしますと、また、そのような出会いを想像していて、いつかは出会いがあるのだろうと思っています。
でも、出会いもなく今の年齢まできてしまったのでしょう。

そして、20歳代のときのように出会いがあるのではと思い続けて10年以上が経ってしまって、いまさら結婚することを考えなくても、一人で生活が出来ると思ってしまっているのでしょう。

でも、内心は結婚を諦めてはいないと思います。
いい人と出会うことが出来れば、いつかは結婚したいと思っています。

国の調査でも、独身者の9割り近い人が、いずれは結婚したいと思っているからです。

自分からは積極的に結婚相手との出会いを求めて、婚活をする努力は今さら出来ないと思ってしまっているので、対外的には結婚を諦めていると言ってしまっています。

このような人の他には、お付き合いをしたことがない人が、結婚を諦めているケースがあります。

30歳を過ぎて、結婚相手と出会えなかったことは、これからも出会える期待なんてあり得ないと思っているからです。

結婚相手との出会いは、年齢が若い人の方がチャンスは大きいです。

               

結婚相手の年齢希望は、女性が同年齢くらい、男性が若い人というように、年齢が上がるほどギャップは大きくなります。

20歳代で結婚するときには、男女とも年齢条件が叶っていることが多いです。

男性が40歳代でも20歳代の女性を好みますが、20歳代の男性は10歳代の女性を好むことはありません。

20歳代の女性も同じ20歳代の男性と結婚することが多いです。

このように結婚相手と出会うチャンスが大きいのは、20歳代です。

20歳代に異性とお付き合いをしたことがない人は、積極的に婚活をしないと30歳代になっても、出会いは期待できないことの方が大きいです。

30歳代後半の人が結婚を諦めてしまうことには、20歳代にお付き合いをしていて、別れてしまった過去があり、いつかは出会いがあると思っていても、なかなか出会えないので、もう結婚は諦めようかと思っている人と、異性とのお付き合いをしたことがなく、30歳代後半まで出会いがないまで、結婚は難しいと思って諦めてしまった人が多いです。

このことは、50歳までに一度も結婚したことがないという、将来未婚率にも現れてきています。
この将来未婚率の中には、いずれは結婚をしたいと思っている人も、残念なことに50歳になってもまだ結婚出来ていない人がいるということです。

この原因は、結婚相手との出会いがないことが大きいです。
出会いのチャンスはあるのに積極的に行動しないことは、個人の問題でもあります。


婚活をすれば、出会いのチャンスはあります。
30歳代後半の人も、40歳代の人も、結婚を諦めてしまったら、いずれは結婚したいと思っていても結婚は難しいです。

結婚は、自分自身でチャンスを掴むことが大切です。
そのチャンスは婚活にあります。

そのためには、結婚相談所に入会相談に行く勇気と、お相手と出会うための努力です。
婚活をすることで、将来の夢も違ってきます。

出会いがないと悩んでいないで、婚活を始めてください。